ふるさと納税

ふるさと納税の仕組みや限度額、人気の返礼品などの情報を紹介しています。

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税さとふる

ふるさと納税 やり方

ふるさと納税 やり方

投稿日:

ふるさと納税のやり方は総務省のふるさと納税のポータルサイトによるとまず自分が寄付をしたい自治体を選びます。

総務省としては生まれ育ったふるさとに貢献できる制度、自分の医師で応援したい自治体を選ぶことができる制度と銘打っているので自分が寄付をしたい自治体ならどこでも大丈夫ということになります。

そのためふるさと納税で寄付を選ぶ基準としては自治体毎にふるさと納税の寄付金の使われ方をみて共感できる場所を選ぶかふるさと納税の寄付で送られてくるお礼品を見て選ぶのが一番わかりやすく総務省の制度的にも問題ないともいます。

そうして自分が寄付をしたい自治体を選んでその自治体にふるさと納税したいので書類を送って欲しいことを伝えるとその自治体にふるさと納税をするやり方を教えてもらえます。

基本的にはふるさと納税の具体的なやり方や寄付金の納付方法というのは自治体毎に違いがあります。

そして選んだ自治体にふるさと納税を行うと確定申告に必要な寄付を証明する書類が送られてきます。これを受領証というのですがこの受領証を確定申告の時に一緒に提出しましょう。

そうすることで翌年か翌々年かに所得税の控除が受けられます。これは12月末までに確定申告をした場合は翌年になるのですが、1月以降に確定申告をした場合は翌々年になるためです。

 

ちなみにソフトバンクグループが運営しているさとふるというサイトではいちいち自治体毎に違うふるさと納税の寄付のやり方を聞かなくてもさとふると提携している自治体は同じ処理でふるさと納税をすることができます。

またさとふるは自治体のお礼品を参考に寄付をしたい自治体を選ぶためのサイトなので自治体の返礼品目当ての場合は非常に探しやすくなっています。

さとふるはこちら↓

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税 さとふる

-ふるさと納税 やり方
-,

執筆者:

関連記事

ふるさと納税 ワンストップ 封筒

ふるさと納税で地方自治体に寄付をワンストップ特例制度でした場合申請用紙を寄付をした地方自治体に郵送する必要があります。 しかもワンストップ特例制度で寄付をした回数分の申請書を封筒に入れて郵送する必要が …

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とはサラリーマンが確定申告不要でふるさと納税の寄付ができるという制度です。この制度を利用すれば通常なら寄付をした後に寄付受領証明書が自治体から送付されるのでそれと源泉徴収票や控除金 …

ふるさと納税 アプリ

ふるさと納税をスマホとかで簡単に知るにはふるさと納税まとめニュースなどのアプリがあります。またアプリではふるさと納税入門のアプリがあったり、ふるさと納税の特産品が探せるアプリなんかもあります。 ですが …

ふるさと納税 ワンストップ特例制度

ふるさと納税のワンストップ特例制度とはサラリーマンが対象の制度でこれを利用することによってサラリーマンは確定申告が不要になります。 ですがサラリーマンなら無条件で確定申告が不要になるかというとそうでは …

ふるさと納税 ワンストップ特例 申請書

ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用すると申請書をふるさと納税で寄付をした自治体に送らないと税金の控除が受けられません。 また税金関係はWEBでできるものも最近増えてきているのですが、ふるさと納税 …

単身赴任が多い某大手企業に努めているサラリーマンです。だいたい2~3年に一回くらいの割合で色んな地域に出向しています。

単身赴任中ですごく良かった土地などにはたまに家族で旅行など行ったりして地域の特産品などを買ったりするのですが、最近ふるさと納税という税制優遇制度を発見しました。

そしてこの制度を利用することによって税金の控除と地域の特産品が返礼品として貰えるので現在重宝しています。また色んな土地の返礼品などを探すために色々と調べていてせっかくなので調べたことを書こうと思いこのサイトを運営しています。