ふるさと納税

ふるさと納税の仕組みや限度額、人気の返礼品などの情報を紹介しています。

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税さとふる

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税 ワンストップ特例 計算

投稿日:

ふるさと納税の寄付による税金の控除でサラリーマンでもできるだけ簡単にできるシステムとしてワンストップ特例制度が制定されました。

ワンストップ特例制度とはサラリーマンが5つの自治体までなら確定申告が不要でふるさと納税の寄付ができるというものです。通常自営業の人などはふるさと納税の寄付の分を計算して確定申告をしないといけないのですがこのワンストップ特例制度があるおかげでサラリーマンはこの確定申告の煩雑さがなくふるさと納税の寄付が各自治体にできます。

ですがサラリーマンだとどのくらいまでの寄付が税金の控除対象になるかが分かりにくいと思います。簡単に言うとサラリーマンの年収によって控除の対象になる寄付金額がきまります。

これは総務省のふるさと納税のポータルサイトに記載があるのですが結構計算式が難しいです。

所得税からの控除 = (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税額-2,000円)×10%
住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)
住民税からの控除(特例分) = (住民税所得割額)×20%

このような感じです。

なので総務省のふるさと納税のポータルサイトでは計算式と共に年収のからふるさと納税の寄付金の限度額の目安が書かれています。

例えば年収300万円の人で独身または共働きのだとふるさと納税の寄付の限度額は28000円くらいが目安になります。なので詳しく知りたい人は総務省のふるさと納税のポータルサイトで見るのが良いと思います。

また実際には控除金額は医療費控除なども加味されて総合的に限度額が決まります。なので実際に寄付をする時はさとふるにある控除シュミレーションを使用するとかなり詳細にふるさと納税の寄付金額の限度額がわかります。

さとふるの公式サイトはこちら↓

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税 さとふる

-ふるさと納税 確定申告
-, ,

執筆者:

関連記事

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税で寄付をすることでお得になることに税金の控除があります。ふるさと納税で寄付をするとなぜ税金の控除があるのかというと寄付控除という控除対象になるためです。 ですがそのためには確定申告をしなけ …

ふるさと納税 ワンストップ 年末調整

ふるさと納税の際ワンストップ特例制度を使用すると年末調整などがどのようになるか不安になる人もいます。ワンストップ特例制度が関わってくるのは確定申告が不要かどうかなので年末調整は直接は関係ないです。 と …

ふるさと納税 ワンストップ特例

ふるさと納税は自治体に寄付をすると節税と自治体から寄付をしたことによる返礼品として寄付額の3割程度の返礼品がもらえる制度として国が地方創生を掲げて実施している政策の一つです。 そのためこのふるさと納税 …

ふるさと納税 ワンストップ 所得税

ふるさと納税で自治体に寄付をする時にワンストップ特例制度を利用して寄付をすると基本的に所得税の控除は行われません。ですが所得税も含めた控除額は住民税から控除されます。 要点を説明するとワンストップ特例 …

ふるさと納税 確定申告 ワンストップ

ふるさと納税で寄付を行い確定申告をすると翌年税金の控除があります。そのためふるさと納税の寄付による節税は自営業者しか得が無い印象を受けます。 ですが、サラリーマンもふるさと納税で寄付をすることで税金の …

単身赴任が多い某大手企業に努めているサラリーマンです。だいたい2~3年に一回くらいの割合で色んな地域に出向しています。

単身赴任中ですごく良かった土地などにはたまに家族で旅行など行ったりして地域の特産品などを買ったりするのですが、最近ふるさと納税という税制優遇制度を発見しました。

そしてこの制度を利用することによって税金の控除と地域の特産品が返礼品として貰えるので現在重宝しています。また色んな土地の返礼品などを探すために色々と調べていてせっかくなので調べたことを書こうと思いこのサイトを運営しています。