ふるさと納税

ふるさと納税の仕組みや限度額、人気の返礼品などの情報を紹介しています。

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税さとふる

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税 ワンストップ デメリット

投稿日:

ふるさと納税の寄付をワンストップ特例制度でやることはサラリーマンにとって確定申告が不要であったり、寄付控除で翌年の住民税が控除されたりとメリットが多いです。

ですがデメリットというか注意する点もあります。それが年収によって寄付控除の限度額が設定されているということです。

この限度額は総務省のふるさと納税のポータルサイトでも目安が記載されていますが、実際には医療費控除や住宅控除などのその他の控除の関係もあって計算が難しくなっています。

例えば年収300万円で独身又が共働きの場合2万8000円くらいが限度額の上限になっているのですが、医療費控除や住宅控除を受けているとその分安くなります。それを知らずに納税すると控除を受ける上限を越えてしまい限度額を超えた分は控除対象にならないです。

そういったことを防ぐためにはさとふるなどのふるさと納税のサイトにある詳細なふるさと納税の限度額がわかるシミュレーターを活用しましょう。

ふるさと納税 さとふる
控除シミュレーション

-ふるさと納税 確定申告
-, ,

執筆者:

関連記事

ふるさと納税 ワンストップ 損

ふるさと納税の寄付にはサラリーマンでも地方自治体にふるさと納税の寄付をしやすくするためにワンストップ特例制度という制度があります。 この制度はふるさと納税をする自治体が年間で5つ以内なら確定申告が不要 …

ふるさと納税 確定申告 持ち物

ふるさと納税で寄付をして寄付控除を受けようとする場合確定申告をする必要があります。ふるさと納税の寄付を確定申告する場合には寄付をした自治体から送付される寄付受領証明書、今年の源泉徴収票、寄付控除金用の …

ふるさと納税 ワンストップ特例 計算

ふるさと納税の寄付による税金の控除でサラリーマンでもできるだけ簡単にできるシステムとしてワンストップ特例制度が制定されました。 ワンストップ特例制度とはサラリーマンが5つの自治体までなら確定申告が不要 …

さとふる ふるさと納税 ワンストップ

ふるさと納税の寄付をする時に最近ワンストップ特例制度という制度が導入されました。このワンストップ特例制度というのはサラリーマンでふるさと納税をしたい人は5つの地方自治体までなら確定申告が不要で寄付がで …

さトフル ふるさと納税 控除

ふるさと納税で地方自治体に寄付をすると税金の控除が受けられます。詳しくは総務省のふるさと納税のホームページに書かれているのですが、簡単に言えばあなたの年収と家族構成によって控除される額がだいたい決まっ …

単身赴任が多い某大手企業に努めているサラリーマンです。だいたい2~3年に一回くらいの割合で色んな地域に出向しています。

単身赴任中ですごく良かった土地などにはたまに家族で旅行など行ったりして地域の特産品などを買ったりするのですが、最近ふるさと納税という税制優遇制度を発見しました。

そしてこの制度を利用することによって税金の控除と地域の特産品が返礼品として貰えるので現在重宝しています。また色んな土地の返礼品などを探すために色々と調べていてせっかくなので調べたことを書こうと思いこのサイトを運営しています。