ふるさと納税

ふるさと納税の仕組みや限度額、人気の返礼品などの情報を紹介しています。

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税さとふる

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税 ワンストップ 確定申告

投稿日:

ふるさと納税の寄付でサラリーマンがワンストップ特例制度を使用すると5自治体以内なら確定申告が不要で寄付分から2000円を引いた額が税金から控除されます。

そのため普段確定申告とか会社にまかせていてよくわからないサラリーマンにとっては非常にたすかる制度になっています。ちなみに5自治体以内なので同じ自治体なら何度寄付をしても問題はないです。

ちなみにワンストップ特例制度のデメリットというかすこし面倒くさいところを揚げるならワンストップ特例制度の申請用紙をふるさと納税で寄付をした自治体すべてに送らないといけないとこだと思います。

そのためふるさと納税をする自治体を1つに絞って5000円~10000円くらいの寄付を何度もして返礼品を何度も受け取るのが1番効率が良いと思います。

ワンストップ特例制度について詳しい説明は総務省のふるさと納税のポータルサイトかさとふるなどのふるさと納税の返礼品を取り扱っているサイトなどに詳しく書かれています。

さとふるはこちら↓

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税 さとふる

-ふるさと納税 確定申告
-, ,

執筆者:

関連記事

ふるさと納税 ワンストップ特例 計算

ふるさと納税の寄付による税金の控除でサラリーマンでもできるだけ簡単にできるシステムとしてワンストップ特例制度が制定されました。 ワンストップ特例制度とはサラリーマンが5つの自治体までなら確定申告が不要 …

ふるさと納税 ワンストップ デメリット

ふるさと納税の寄付をワンストップ特例制度でやることはサラリーマンにとって確定申告が不要であったり、寄付控除で翌年の住民税が控除されたりとメリットが多いです。 ですがデメリットというか注意する点もありま …

ふるさと納税 ワンストップ やり方

ふるさと納税のワンストップ特例制度のやり方ですが、まずは寄付をしたい地方自治体を選びます。どうしてもこの自治体に寄付をしたいとかが無いのであれば寄付に応じた返礼品で選ぶのも一つの方法です。 そしてふる …

ふるさと納税 ワンストップ 申請書

ふるさと納税のワンストップ特例制度で確定申告不要で税金の控除をするためには寄付をした自治体に申請書を送る必要があります。この申請書を送らないとふるさと納税で寄付をしても税金の控除ができません。 ちなみ …

さトフル ふるさと納税 確定申告

さトフルというふるさと納税を取り扱っているサイトでは確定申告を簡単にできるカンタン確定申告というツールがあります。このツールは普段確定申告をしていないサラリーマンなどを対象にしたツールです。 このカン …

単身赴任が多い某大手企業に努めているサラリーマンです。だいたい2~3年に一回くらいの割合で色んな地域に出向しています。

単身赴任中ですごく良かった土地などにはたまに家族で旅行など行ったりして地域の特産品などを買ったりするのですが、最近ふるさと納税という税制優遇制度を発見しました。

そしてこの制度を利用することによって税金の控除と地域の特産品が返礼品として貰えるので現在重宝しています。また色んな土地の返礼品などを探すために色々と調べていてせっかくなので調べたことを書こうと思いこのサイトを運営しています。