ふるさと納税

ふるさと納税の仕組みや限度額、人気の返礼品などの情報を紹介しています。

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税さとふる

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税 確定申告 持ち物

投稿日:

ふるさと納税で寄付をして寄付控除を受けようとする場合確定申告をする必要があります。ふるさと納税の寄付を確定申告する場合には寄付をした自治体から送付される寄付受領証明書、今年の源泉徴収票、寄付控除金用の口座番号、印鑑、マイナンバー、本人確認書類、などの持ち物が必要になります。

ちなみにマイナンバー制度で申請などをしていない場合は住民票の写しと免許証やパスポートなどの本人を証明できる持ち物が必要になります。

これらの書類などの必要な持ち物を揃えた上で確定申告の流れで寄付控除の申告書を作成します。ちなみに申告書はネットからでも国税庁のホームページ内にある確定申告書等作成コーナーで書類を作成することができます。

この申告書を作成して確定申告の時に税務署に提出するとふるさと納税の寄付の控除を受けることができます。

詳しいやり方はソフトバンクグループが運営しているさとふるというふるさと納税のページに記載があります。

さとふるはこちら↓

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税 さとふる

-ふるさと納税 確定申告
-,

執筆者:

関連記事

ふるさと納税 ワンストップ特例 計算

ふるさと納税の寄付による税金の控除でサラリーマンでもできるだけ簡単にできるシステムとしてワンストップ特例制度が制定されました。 ワンストップ特例制度とはサラリーマンが5つの自治体までなら確定申告が不要 …

ふるさと納税 確定申告 印鑑

ふるさと納税で各自治体に寄付をすると寄付控除といって1月~12月までに寄付を行うとその翌年の住民税などが優遇されます。 また寄付控除を受ける時には確定申告の時に寄付受領証明書、今年だと平成29年分の源 …

ふるさと納税 ワンストップ 損

ふるさと納税の寄付にはサラリーマンでも地方自治体にふるさと納税の寄付をしやすくするためにワンストップ特例制度という制度があります。 この制度はふるさと納税をする自治体が年間で5つ以内なら確定申告が不要 …

ふるさと納税 ワンストップ 住宅ローン

ふるさと納税は年収によって税金の控除が受けられる限度額が決まっています。また住宅ローン控除や医療費控除などと併用はできますが、それによってふるさと納税の寄付控除の限度額も下がってしまいます。 簡単に説 …

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税で寄付をすることでお得になることに税金の控除があります。ふるさと納税で寄付をするとなぜ税金の控除があるのかというと寄付控除という控除対象になるためです。 ですがそのためには確定申告をしなけ …

単身赴任が多い某大手企業に努めているサラリーマンです。だいたい2~3年に一回くらいの割合で色んな地域に出向しています。

単身赴任中ですごく良かった土地などにはたまに家族で旅行など行ったりして地域の特産品などを買ったりするのですが、最近ふるさと納税という税制優遇制度を発見しました。

そしてこの制度を利用することによって税金の控除と地域の特産品が返礼品として貰えるので現在重宝しています。また色んな土地の返礼品などを探すために色々と調べていてせっかくなので調べたことを書こうと思いこのサイトを運営しています。